FC2ブログ
窒息プレイは最高
私(M男)とパートナーであるM様(女神様)との窒息プレイの紹介。 窒息プレイに興味のある方はどうぞご覧ください。
プロフィール

とし

Author:とし
都内在住のとしです。
女性に窒息プレイをされるのが大好きなM男です。
窒息プレイの好きな方に読んで頂ければ幸いです。
ご意見、ご要望がありましたらコメントお願いします♪
私を落としてみたいという女性の方も大歓迎です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を落としていただける方募集
ブログを更新していこうと思っておりますが、パートナーの方がおりません。
女性の方で男性を落としてみたい、呼吸制御してみたい、猿轡をかませてみたい等々興味のある方を募集しております。
ソフトでもハードでも構いません。
興味がある方がいらっしゃいましたらコメント欄にお願いいたします。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

久しぶりの更新
久しぶりの更新です。
主の方ともお別れし、窒息プレイから離れていましたが、欲求に耐え切れずSMクラブに行き、久しぶりに落としていただき、
あまりの気持ち良さに、またまた嵌ってしまいました。
これからも不定期ですが更新していきたいと思います。
興味のある方だけ見て行って下さい。
FC2 Blog Ranking
窒息プレイ報告
 毎日暑い日が続いております。暑さに弱い私は早くも夏バテ気味ですが、M様とお会いするお約束が叶い、夏バテもすっ飛び、待ち合わせの場所にワクワクしながら向かいました。無事M様とお会いできホテルへ行き、プレイ前に色々とプレイについてお話しました。
 当然私は窒息プレイが大好きですが、顔面騎乗でも落とされてみたい、匂いフェチでもありM様の匂いを嗅がさせて頂きたい、アナルはほとんど経験がないが無理やり犯されてみたい等々私の願望をお話させていただきました。M様は嫌な顔もせず、逆ににっこりと笑われ、今日は楽しくなりそうだわと有り難い言葉をいただきました。
 M様は私が匂いフェチでもあるためシャワーには入られず、私だけシャワーに入りプレイ開始いたしました。まずはM様にご挨拶をし、M様より全身体のチェックを受けました。乳首やペ○スやア○ル等々をじっくりと観察され、時には撫でられ、時には強く弄ばれ、私は早くも感じてしまいました。ペ○スからは先走り汁が止めどなく流れ、M様はその汁を手に塗られ、誰がこんな汚い汁を出して良いといったのと叱られながら、その手で私の口と鼻を塞がれました。そして手についた汁を舐めるように命じられました。普段ならばとても舐めることは出来ませんが、M様の手をお舐め出来る喜びのほうが強く喜んで舐めさせていただきました。特に嫌な味はしませんでした。舐め続けていると、段々とM様の手の力が強くなっていき、全く息が出来なくなってしまいました。限界が近づき必死に顔を振り何とか少し息をしますが、すぐにまた塞がれ窒息が続きます。あまりの苦しさに相当暴れてしまい、M様に叱られ、今度は仰向けの私の顔の上にストッキングを穿かれたお尻で顔面騎乗をしていただきました。全体重をかけられ、完全に鼻と口が塞がれるようなハードな顔面騎乗でしたが、ストッキング&パンティー越しのため若干ながら息をすることが出来ました。ただ鼻を潰されているので匂いを感じることはできませんでした。若干息が出来るといっても段々と苦しくなってきます。必死に呼吸をしようとしますが、なかなか息が出来ず、苦しさのあまり思わず顔をずらしてしまいました。M様は何故顔をずらしたのと怒られ、足で顔を踏みつけられました。足の裏で鼻を踏まれ、痛いながらも必死に匂いを嗅がさせていただきました。ほのかに良い香りが鼻腔をつつみました。今度は舌を出すように命じられ、足の裏を舌に擦りつけられました。ストッキング越しなのでザラザラし舌が痛くなってしまいましたが、足の味を堪能させていただきました。今度は足を無理やり口の中に入れられ、舐めるように命じられました。必死に舐めようとしましたが、口いっぱいに足が入っており、なかなか舐められませんでした。M様はそんな私を見ながら笑われ、さらに足を口に入れてきました。思わず吐き気が襲いゲエーとなってしまいましたが、そんなことも関係なく足を口の奥へ奥へと突っ込まれました。苦しいながらもM様の足を堪能させて頂きました。
 暫くするとM様は足を口から出され、ストッキングを脱ぎ、丸めたストッキングを私の口に無理やり入れられ、ストッキングで猿轡をされました。するとM様はパンティー越しに私の顔に乗られました。最初は軽い顔面騎乗でM様のあそことお尻の匂いを嗅がさせていただくことができました。すごく良い香りで私の股間ははちきれんばかりになってしまいました。段々とM様は私の顔に体重をかけられました。私も段々と息が出来なくなり、苦しさを充分に味わいました。苦しさの限界が来てなんとか逃れようとしますが、足でガッチリと私の顔を挟みつけ、逃れられられません。足をバタバタしたりして大暴れしましたが逃れられず、段々と頭がボーっとしてきました。するとM様は少し腰を上げられ、私は必死に呼吸しますが、直ぐに顔に乗られました。それを何度も繰り返され、段々と私は反抗する力が無くなっていき、M様のなされるがままになってました。だけど苦しさが段々と無くなっていき、頭がボーっとし気持ちよくなってきました。するとM様は私の口からストッキングを出し、パンティーを脱がれ、パンティーの匂いを嗅がさせていただきました。M様のパンティーの中は若干湿っており、とても良い香りがしました。するとM様はそのまま私の顔に乗られました。M様も感じていただいたのかもしれませんが、股間が濡れておりました。M様の有り難いジュースで私の口と鼻を覆っていただき最高に興奮してしまいました。ただジュースでまったく息をさせていただく隙がなく、本当の苦しさを味わいました。落ちる寸前で少し腰を浮かしていただき、オナニーするように命じられました。オナニーを始めると、また顔面騎乗していただき、逝くまでは絶対どかないからねと最後通告されました。私は苦しさの中必死にオナニーしました。苦しさが限界に近づくにつれ、快感も比例していきました。苦しさが限界になったとき私は逝ってしまいました。M様はそれを見て腰をあげていただけましたが、あまりの快感にダウンしている私の背後にまわられ、私の上半身を起こし腕を私の首に巻かれました。まだまだよとおっしゃられ、一気に力が入りました。逝ったばかりでスリーパーホールドをされ、もう何が何だか分からなくなり、落ちてしまいました。しかし落ちた私を無理やり起こし、さらにスリーパーホールドをされました。直ぐに私は落ちてしまいました。更にもう一回無理やりのスリーパーホールドです。私は体に全く力が入らず、抵抗することもなく3回連続で落ちてしまいました。もう何が何だか分かりませんでしたが、今まで生きていた中で最高の快感・気持ち良さでした。ようやくM様は私を解放していただけましたが、15分くらい全く動けませんでした。少し動けるようになり、精液まみれの体を綺麗にする為にシャワーを浴びに行こうとしましたが立つとふらついてしまうような状況でした。
 M様も楽しかったとおっしゃっていただき、私も最高の時間が過ごせました。本当に窒息プレイは最高です。
久しぶりの快感
先日M様とお会いして窒息プレイを行いましたのでプレイの報告いたします。
M様とお会いするのは久しぶりで、久しぶりの窒息プレイです。
ホテルに入り、シャワーを浴びた後プレイ開始。
まずはM様にご挨拶。M様は私の体をチェックし、念入りに乳首を弄ばれ、その後仰向けに寝るように命じられ、私のお腹の上に乗られました。そしてストッキングを履いた足の裏で私の口と鼻を塞がれました。M様はシャワーに入っておらず、僅かに出来る呼吸から足の匂いを嗅がさせていただきました。決して嫌な匂いではなく、非常に香ばしい香りで、匂いフェチでもある私は既に興奮状態。股間からは先走り汁が大量に噴出してしまい、許可がないのに汚いものを出すとはとM様に叱られました。悪い子にはお仕置きが必要ねと、今度は顔面騎乗をしていただきました。パンティー&ストッキング越しなので僅かに息が出来、M様の匂いを堪能させていただきました。しかしながら僅かな呼吸では息が続かず苦しくなってきてしまい、なんとか逃れようとしましたが、M様は許されることもなくさらに体重をかけてこられました。あまりの苦しさに暴れてしまいましたが、段々と頭がボーっとなってきてしまい、落ちる寸前で腰を浮かしていただけました。私が必死に呼吸をしていると、今度は両手で鼻と口を塞がれました。体には酸素が少ない状況であるので、すぐに我慢できずに頭を振り何とか逃れますが、すぐにまた手で塞がれてしまい、呼吸困難に陥ってしまいます。何度も何度も逃れますが、そのたびに手で塞がれます。落ちることはありませんでしたが、意識が朦朧としてきたところで、ようやく開放していただけました。しかしながらすぐに今度は両手で首を絞められました。最初はじわじわと苦しさを味わいなさいと軽めに絞めていただきましたが、気管が塞がれ苦しさは倍増です。何度か絞めては緩め、絞めては緩めを繰り返していただき、自分で顔が真っ赤になっているのが分かる位の苦しさを味わいました。落ちれば楽になりますが、落ちられない窒息は気が狂うような状況でした。
今度は正座するように命じられ、後ろから腕を首に巻きつけてこられました。覚悟は良いとの言葉と同時に思いっきり首を締め付けられました。いわゆるスリーパーホールドです。正座した体が持ち上がるくらいまで思いっきり絞めていただき、最初は痛さを感じますが、M様は私の頚動脈を確実に締め上げ、すぐに頭が真っ白になり、10秒もたたない内に落ちてしまいました。落ちた瞬間にM様は腕を放されますが、すぐにまた正座するよう命じられました。私は落ちた余韻に浸ることもなくすぐに正座しましたが、休むことなくまたスリーパーホールドです。またすぐに落ちてしまいますが、すぐに正座するよう命じられます。それが10回以上続いたのでしょうか。すでに私は何も考えることも出来ず、自分がどうなっているかも理解できない状況で、快感だけがどんどんと強くなっていきました。こんなに連続で落とされたのは初めてでしたが、体が痺れてしまうくらいの快感で、射精以上の快感でした。
また正座するよう命じられましたが、体の自由が利かず、立ち上がれませんでした。M様許されず、意識が飛んでいる私を仰向けにし、今度は顔面騎乗です。体が痺れてしまい、抵抗する力ももこっていないので、苦しくても抵抗できませんでした。そんな状況なので顔面騎乗は軽めにしていただいたようです。その中でオナニーするように命じられました。普段は顔面騎乗大好き人間ですので股間はビンビンになっているのですが、何度も落とされた会館が強く、股間は元気がありませんでした。いくらしごいても落ちる快感の方が強く、気持ち良さを感じませんでした。
それを見ていたM様は、また正座するように命じられ、絶対に手を止めるんじゃないよと念を押されてスリーパーホールドをかけられました。何回も落とされると痛さもなく、今まで以上にすぐ落ちてしまいました。やはり落ちたときは手が止まってしまい、何度もM様に叱られてしまいました。
また10回以上は落とされたのでしょうか。あまりの快感で力尽き、立ち上がることも出来なくなってしまい、なかなか射精もできなかったので、正座し足の匂いを嗅がさせていただきながらオナニーをさせていただきました。股間には唾液もかけて頂き、ようやく射精しそうになることを伝えると、落ちながらいくんだよとスリーパーホールドを再度かけていただきました。3回ぐらい落としていただきましたが、落ちるたびに手が止まってしまい、射精できずタイミングがなかなか合いませんでした。首を軽く絞めていただきながらオナニーを続行し、まったく我慢できなくなったところで再度スリーパーホールドをしていただきました。ただ残念ながら落ちる前にいってしまいました。
射精後は10分以上起き上がることも出来ない状態でした。そんな中、M様はやさしく私も興奮しちゃった。今度は落ちる瞬間にいくことが出来るようにと命じられました。そして次回は1回だけじゃなく、精液がなくなるまで何回も落ちる瞬間にいくようなプレイをしましょうとおっしゃって頂きました。
ただ、落ちる快感が射精を上回ってしまったので、今後射精できない体になってしまうのではないかと一抹の不安がありますが、それも本望です。
本当に次回も楽しみです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。